ランキング第1位 がま口ポーチ ナタリー レテ Afternoon アフタヌーンティーリビング 福袋特集 Tea LIVING

がま口ポーチ/ナタリー・レテ Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)

Tea,Afternoon,LIVING,(アフタヌーンティーリビング),がま口ポーチ/ナタリー・レテ,財布・小物 , ポーチ,/hydnocarpate625580.html,825円,www.showakigyo.jp がま口ポーチ ナタリー レテ Afternoon アフタヌーンティーリビング 福袋特集 Tea LIVING 825円 がま口ポーチ/ナタリー・レテ Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング) 財布・小物 ポーチ がま口ポーチ ナタリー レテ Afternoon アフタヌーンティーリビング 福袋特集 Tea LIVING 825円 がま口ポーチ/ナタリー・レテ Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング) 財布・小物 ポーチ Tea,Afternoon,LIVING,(アフタヌーンティーリビング),がま口ポーチ/ナタリー・レテ,財布・小物 , ポーチ,/hydnocarpate625580.html,825円,www.showakigyo.jp

825円

がま口ポーチ/ナタリー・レテ Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)






















フランス人の女性アーティスト、ナタリー・レテさんの愛らしい絵柄が描かれたがま口ポーチです。多色チェックをバックに、おとぎ話に出てくるようなリスやハリネズミなどの小動物を繊細なタッチで表現し、持っているだけでも癒されそう。内生地には無地の配色を取り入れてシンプルに仕上げています。内ポケットが備わっているため、コインの種類を分けるのに使ったり細々としたものを入れておくのに便利。小銭入れとして使ったり、リップやビューラーなどのコスメポーチとして使ったり、キャンディーやガムを入れるお菓子入れにしたりとアイデアは多彩。全カラー揃えたくなるほどのそのかわいらしい見た目で、バッグの中でもひときわ存在感を放つこと間違いなしです。お誕生日などのちょっとしたギフトとしてもおすすめ。

*お洗濯はお避けください。
*1点ごとに柄の出方が違うことがあります。

Artist | Nathalie Lete(ナタリー・レテ)
フランス在住のイラストレーター。幸せに満ちあふれつつ、どこかシニカルさも漂う作品は世界中で人気です。

SIZE
縦14.5cm/横19.5cm
※記載の寸法は、商品をメジャーで採寸した実寸のため、商品タグ等に記載のサイズとは異なります。
メーカー品番:
VV77-22202563
店舗へのお問合せ時にはこちらの番号をご連絡ください
商品番号:
504655280
素材:
表地・裏地:ポリエステル100%
金具:ステンレス
原産国:
中国製

がま口ポーチ/ナタリー・レテ Afternoon Tea LIVING (アフタヌーンティーリビング)

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.